コンシェルジュ募集の求人があったので応募して採用されたところ、思っていたのと違う仕事内容だったということがあります。求人情報に掲載される募集中の職種の呼び方が企業によって違うため、どんな仕事の内容で募集しているのかがよくわからないというケースがあるのです。

それに、その会社の運営方針や提供するサービスによっても仕事の内容はがらりと変わってしまうものです。

求人情報を見た時の募集職種のイメージだけで判断してしまうと思っていた仕事内容と違うといったことが起こるので、扱う商品や実際の業務内容については事前にきちんと確認しなければなりません。

求人情報をチェックしていて、例えば会社名に食品とあれば事業内容は食品会社だと認識するのが一般的ですが、中にはそうでない場合もあります。

会社名から思い浮かべるものと事業内容が違うから要注意ということばかりではなく、逆に会社名だけ見て希望の職種ではないと思っていた求人の中に自分の希望する職種のものがあるかもしれないということがあります。

よって、求人情報の会社名だけを見て自分には関係ないと思わずに募集の職種などをよく見て見逃さないようにしなければなりません。

ハローワークの求人の質は、良いとは言えないものもあります。
求人掲載料が無料となっていることと、ハローワークには企業への審査がないので経営状態が悪い企業でも求人を出すことできます。これにより高待遇で雇うことができない企業集まる傾向にあります。

良い点として地元企業の求人が多い企業があげられます。地元で仕事を探したいという人に最適です。また選考過程も少ないところが多いので時間がない方にも最適です。